雪の合間の合同散骨

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月10日に東京パレットタウン出航にて
合同散骨を行いました。

前日に東京は降雪があり心配しましたが
当日は天候も回復、穏やかな海況の中、予定通り出航いたしました。

陽が当たるとあたたかいのですが、やはり風は冷たく感じました。
青空で空気が澄んでいて、富士山をくっきりと見ることができました。

ご乗船された方とお話をしましたら
「昨日の雪の予報では心配したけれど、乗船してよかった。
こんなに穏やかに晴れて、父のプレゼントかしら」
と仰っていました。

海洋散骨のセレモニーの時によくあるのですが
小雨で出航して散骨ポイントに到着したら
雨が止んで薄日が差すことがあります。

雲からさっと一筋の光が海に差す様子は、神々しいように感じます。
「いつも海からみんなを見守っているよ。
今日はありがとう。
元気に生きなさい」
というメッセージのような気がします。

定刻通り、和やかなセレモニーも終わり、皆様にはほっとしたような
様子で下船されました。

そして翌日、2月11日は東京に雪が降り
冷たい風が吹いています。

やっぱり昨日は雪の合間に散骨できて
故人様からのギフトだったのでは?と思いました。

海洋散骨について、質問などございましたら
以下フリーダイヤルにお気軽にご相談ください。
詳しい海洋散骨資料をお送りさせて頂きます。

0120-113-070 メモリアルスタイルまでお電話

海洋散骨がよくわかる『体験乗船』も受付中です。

カテゴリー: 合同散骨 | タグ: , , | 雪の合間の合同散骨 はコメントを受け付けていません。

「えがお」にメモリアルスタイルの広告を掲載

この度、江東区のフリーペーパー「えがお」に

メモリアルスタイルの広告を掲載しました。

 

 

 

「えがお」は江東区限定のフリーペーパーで、

江東区在住のプラチナ世代の活躍等を記事にしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラチナ世代でご活躍されてる方の紹介や、サークルの紹介、また歌壇、俳壇、川柳など、多くのプラチナ世代の方々が「今を」元気に頑張っている姿を表現しております。

そんな「えがお」の編集後記から、

「2019年1月・2月合併号制作にあたり、江東区で活躍しているグループ、サークルを取材しました。練習の合間に写真を撮らせていただいたり、お話を伺ったりしましたが、どのグループ、サークルでも『えがお』で迎えて頂き、感謝しています。

人とふれあって楽しい時を過ごす・・・。『えがお』こそが、プラチナ世代のキーワードと感じています。」と。

世代を超えても元気な証拠はまさに「えがお」。

世代を超えたキーワードとも言えるかもしれません。

【お知らせ】

「えがおのフェスタ」が行われます。

日時:3月5日(火)10:00~12:00

会場:森下文化センター 多目的ホールで

入場無料となっております。

【海洋散骨の無料相談会を開催します】

日時:2月27日(水)13:30~16:00

会場:店舗「想いの時」ハイツ深川2F

内容:墓じまい、海洋散骨等

※完全予約制となっております

お気軽にご相談下さいませ。

ご予約はメモリアルスタイル0120-113-070まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 個人散骨 | 「えがお」にメモリアルスタイルの広告を掲載 はコメントを受け付けていません。

日本の伝統を身に着ける手元供養品

当店では、お客様のニーズにあわせご希望の手元供養品をご紹介できるよう常に300点前後展示販売しています。

先日あるお客様が来店され、お母様のご供養品を探されていました。お話を伺うと身につけられる供養品をお探しとの事。

店内をご覧いただき、お気に召して頂いたのが「まもり珠」というお品でした。

まもり珠とは、奈良時代から続く日本の伝統的な焼き物である信楽焼の職人が作り出す、ブレスレット状の手元供養品で、粉にしたお骨を粘土に混ぜ一粒一粒球状に形成し色づけ後窯で焼き、信楽焼となった球をブレスレットの形にしてご家族の元へお届けします。

行程は一冊のかわいらしい本にしてブレスレットと共に届けられます。

御依頼主様はジュエリーの制作・デザインをされていらっしゃるとの事で、まもり珠を数点注文しご自身でジュエリーを制作してみます。ととても素敵な発想で前向きにご供養をお考えいただいているのが印象的でした。

実はこの御依頼主様、まもり珠をお届け後しばらくして再度別の手元供養品をご用命いただきました。

きっとご自宅の近くでも購入できるはずですが弊社を覚えていて下さり、尚且新たにご依頼して頂くという事。

どの様なお気持ちで私たちに再度ご依頼いただいたのかをかみしめて次の仕事もより丁寧に行うよう、身が引き締まる思いです。

そして、偶然にも先日御依頼主様のジュエリー展示会に伺う機会があり、「着けてきたのよ。」と見せて下さいました。

あまりの珠でブローチをご自身で作成され、それも身に着けられていました。

素敵ですよね!!

今回の出逢いを通してまもり珠の良さをより強く実感いたしました。

これからも私たちメモリアルスタイルは来店してくださる全ての方々のお気持ちに寄り添いご満足いただけるお品をご紹介してまいります。

 

カテゴリー: 個人散骨 | 日本の伝統を身に着ける手元供養品 はコメントを受け付けていません。