メモリスタイル通信NO.46

メモリアルスタイル通信NO.46が仕上げりました。

今号のご紹介です。

表面はメモリアルスタイル店舗の紹介で、

今回は「供養したい気持ちに応えます」と題し、

近年の傾向である小仏壇タイプで、特にステージという所謂、

「供養台」をご紹介しております。

自宅のスペースや後継者問題など場所やお家事情を気にせず、

ご自宅で故人様を供養する商材です。

店舗「メモリアルスタイル門前仲町店」では、伝統的なご供養方法を基礎に、現代の事情に合わせたモダンな供養方法をご提案しております。

裏面は「合法的な散骨の方法について」と題し、

散骨のご相談を受ける際、よく質問を受ける事柄としてご紹介しております。

散骨する遺骨の形状は?

散骨の場所は?

持ち家の庭に散骨することは?

今回はこの3点に絞って紹介しました。

メモリアルスタイル通信は毎月発行しており、

今号で46回目の発行となりました。

店舗にお越しいただいた際、よろしければご覧ください。

供養のお手伝いや散骨、終活のご相談はメモリアルスタイルまで

お気軽にご相談ください。

0120113070

カテゴリー: 個人散骨 | メモリスタイル通信NO.46 はコメントを受け付けていません

墓じまいと海洋散骨

「お墓を継ぐ人がいない」
「遠くてお参りに行かれない」などの理由で
お墓を閉じて海洋散骨をされる方が年々増えていらっしゃいます。

最近も墓じまいをしてご散骨3柱様という
ご手伝いのご用命を頂きました。

まずは現在納骨されている霊園にご連絡して
必要書類等を揃えたうえで
ご依頼者様に署名捺済みの書類をお預かりして
市役所に出向きました。

窓口で提出しますと「埋蔵証明書」が発行されます。
散骨の場合は改葬にはあたりませんので
こちらの書類を石材店様に必要書類と一緒にお渡しします。
日程調整のうえ、石材店様に遺骨をお墓から出して頂きます。

一度お墓に埋葬されたご遺骨は、経年の雨風等で
ご遺骨の乾燥が必要なことがほとんどです。
弊社で乾燥ののち、粉骨してご散骨の日までご安置します。

ご散骨当日はお申込者様に成り代わり
心を込めて私どもスタッフが故人様を海にお還し致します。
後日、散骨している様子の記録写真と、
散骨地点の緯度経度を記した散骨証明書を発行いたします。

お墓じまいの際には
市役所での手続き、霊園へのご遺骨出しの立会いなどがございます。
ご高齢の方、またはご体調がお悪いなどの際には
代理でのお手続きをお手伝いさせていただきます。
お見積りをいたしますので、 お電話でご相談ください。

0120-113070
メモリアルスタイル

カテゴリー: 個人散骨 | タグ: | 墓じまいと海洋散骨 はコメントを受け付けていません

メモリアルスタイル通信NO.45

メモリアルスタイル通信NO.45が出来上がりました。

表面は「コロナの中でのお彼岸」と題し、

今年のお彼岸の日程や、今だに続いている新型コロナの影響に伴う「お墓参り代行サービス」を行っている名古屋のタクシー会社の業務内容を紹介。

今後の動向次第では人気を博すかもしれません。

裏面は豆知識「散骨の歴史についてその②」と題し、

メモリアルスタイル通信NO.42の続編となっています。

前号では、江戸時代の檀家制度や昭和の墓埋法の整備による散骨の減少をお伝えしましたが、今号では散骨が再び流行り始めたきっかけと、今後予想される散骨業界の流れについて記載しております。

メモリアルスタイルスタイルの散骨について、

また、店舗「想いの時」門前仲町店に関するお問い合わせは、

0120113070までお気軽にご連絡下さい。

店舗「想いの時」門前仲町店は毎週水曜日が定休日となっております。 お電話の受付時間は09:00~17:30です。

カテゴリー: 個人散骨 | メモリアルスタイル通信NO.45 はコメントを受け付けていません